teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


とばっちり

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年10月 5日(金)16時16分13秒
編集済
  逃げ回っていた逃亡者がやっと逮捕された。
一体、どれくらいの刑になるのか?
あまり反省していないようなので、
きっちりくさい飯?を食ってきてもらいたい。
信条的にはもう出て来てほしくないが……。
姿かたちが変わると、なかなか見つからないものらしい。
万引き犯として捕まえたのだから、報奨金は200万円にはならない、とか言っているが
怪しいと思って接触したのに防犯登録もチェックしないような「マヌケ」なことを
しているのだから、表彰状と共にさっさとあげた方がよい。
だいたい連日3000人で探していたのに手がかりすら掴めなかったし、
ま、そもそも逃げられ方が「ダサイ」。
捕まえた万引きGメンのおねいさんはすごいと思う。
他でも万引きを繰り返していたのだから、
よそのお店の警備の方は、講義でもしてもらってはいかがか?と思う。
一部報道の中で逃亡中に出会った方のなかに「耳が似ていた」という女性の証言があった。
いろんな探偵モノでも書かれているが、
人間がなかなか変えられないのは
耳、と、手らしい。
顔等いろいろ変えられるし、よく聞く犯人の服装情報など
「いったい何の役に立つんだ?」と思っていた。
世間に大きな迷惑をかけた某新興宗教の男女二人の逃亡犯も
約20年経って捕まった時は手配書とは全く別人に見えた。
最近話題の「AI」はこういう「経年変化」もちゃんと判別してくれるのだろうか?
もし判別ができるのなら
富田林の逃亡者は写真も撮らせて、それをネット上にアップしていた方もいるらしいから
そういう公開情報の写真を「AI」で『全部』チェックして探せばよかったじゃん、とも思う。
ま、悪知恵が働くようだが、やっぱり元々愚劣な人間だったアホが捕まってよかった、よかった。
しかしこの出来の悪い捕り物帳の中で、
大阪で、バイクを盗んで逃げる際、犯人に似ていると通報され、執拗に追われ
自ら事故って亡くなった若者がいた。
追跡の様子はわからないが、捕まえる側も相当力が入っていただろう。
アホな逃亡者のとばっちりを受けたとも言えよう。
たぶんこの犯人は、何とも思わないだろうが。
 
 

久々CM時評

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 9月15日(土)13時11分53秒
編集済
  ちょっと前、IPHONEかなんかのCM。
撮影画像の鮮明さをアピールしたかったのか、
ポートレイトのような表情をアップにした写真がスライドショーのように出てきた。
「このCMはすぐになくなるだろう」
その読み?は当たったようだ(ほかの要因もあったかもしれないが)。
認知されたスターでもない一般の人のポートレート風の笑顔でもない画像を
連続で強制的?に見せられたら、すくなとも拙僧は不快感を感じる。
これが、画廊や美術館で、能動的に興味をもって接近して観る、なら別だが。

さらにちょっと前の、グーグルマップ?の使い方を知らしめるようなCM。
iphone?を手に、友人か家族と、どこに行きたい、何が食べたいという話題で盛り上がる。
見ている側からすると、他人がどういう会話をしてどう意思決定するか?なんてどうでもいい。
CMなら、どうやってやるかを端的に見せてほしい、と思う。
このCMは新しいヴァージョンに変わった。
人の映像は消え、画面だけが出てきて、その操作と共に声だけが流れる。
今の日本ならこの方が受け入れられやすいだろう。
製作前になんでわからないのだろうか?
高額な年収をもらっているエリートさん達なのに…。

あと、これは多くの方が不快に思っているヤツだが。
アマゾンエコーのやたらと「アレクサアレクサ」いうヤツ。
上流?っぽい家庭の中で、誕生会のサプライズの準備をしたり、キャンプの準備をしたり…。
細かいこと(≒めんどくさいこと)を、なんでも「アレクサアレクサ」と問いかける。
やってる俳優?もまあなんかヨユーをかましていて
「私はこうやって(労力のムダを省いて)生活をエンジョイしています」感丸出しで、
見ていてむかつく。
それくらいせめて自分でスマホ操作しろや、とも思う。
でも、今回の北海道の地震の停電みたいな時に
癖がついていて、思わず「アレクサ、電気つけてっ!」と言うCMを流してくれれば、
一気にお笑いの好感度が上がるかも?
どんなに叫んでも、返事すらできない「アレクサ」。
真っ暗なままの画面に
「停電時には利用できません」とテロップが流れる…なんてどうだろう?
創ってほしいな。時価総額が1兆ドル超えたのだから。
そもそも、いろいろな家電を音声で操作するのであれば、
常にプラグインにしていなければならず、
待機電流を考えると、省エネとは言いかねる。
自分たちはいいかもしれないが。
拙僧は、介護の必要な方が使うようなシーンをCMにすべきだったと考える。

超富豪の若手経営者とW杯で楽しんだことを、自分のブログ?インスタ?に上げて
顰蹙をかった女優。
騒動後、彼女が出る乳酸飲料のCMが流れた。
小さい子と、レモン?がたくさん転がる坂道を走り下るCM。
楽しそうで、健康的、ではあるが、
こんな状況、超アブナイ。
実際には果物の1つに足が乗ってしまったら、
アスファルトに後頭部をぶつけて、最悪の場合死ぬ。
もし自分が坂道をランニングして下りおりている時、
坂の上からリンゴやミカンが大量に流れて来たら
そのままその中を走ることはないだろう。
その中に走りこむなど、自殺行為である。
このCMももう流れてはいない(別の理由かもしれないが)。

単に効果のないCMを自己満足で作り、高い放映料を払って流すのは自由だ。
無料で見られる、地上波や民放BSの番組間で流れるのはやむを得ない。
しかし、不快な映像や、不快感を齎す動画、危険な行為については、
製作会議や、試写会時点でもう少し考えた方がよろしいのではないかと思う。
まあリモコンには電源やチャンネルボタン、消音ボタンがあるので
気に入らないCMは視聴を拒みやすくなっているけれど。




 

純度

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 9月15日(土)10時43分13秒
編集済
  スーパーボランティア尾畠さんの報道がやっとおさまってきた。
来るものは拒まず、と仰っていたが、さすがにお疲れだったことだろう。
もうじき、ご自身本来のペースでのご活躍ができるのだろうか。
お元気で頑張って頂きたいと思う。拙僧は何にもしておらず申し訳ないが…。
保護のためか、見つかった子の証言などが報道されない。
一部で「2歳の子が一人で3日も生きていられるのはおかしい」みたいなことも書かれていた。
拙僧は、いろいろな奇蹟が重なったと思うが、まあそれでもよく無事に…と思う。
神様が一度隠して、現世に戻した?なんていう話もでた。
2歳なんだからおもらししてズボンを脱いだのだろう。それはどこで見つかったのか?
発見場所の近く?とんでもなく離れたところ?個人的な興味は残る。
しかし、拙僧は、この事案は尾畠春夫さんという人を我々日本人に教えるための
神様の技、じゃないかと思っている。
なぜだろう、尾畠さんの表情には曇りが全く感じられない。
純粋な気持ちがそのまま表情になっているように思う。
遠慮ない報道関係者からの問いにも、まっすぐな目で答えていたように感じる。
「こんな、私利私欲のない日本人がいたんだ」と
日々煩悩に囚われっぱなしの拙僧には反省の言葉すら浮かばない。
なんか経験もしたことないような天災や災害が続いている昨今、
日本の神様たちが相談して、こんな奇蹟のような人命救助のドラマ?を知らしめてくれたのでは?
と思うのだが、どうだろう。

全く違う話だが、
日本国籍のプレーヤーとして初めて全米オープンを制した大坂なおみ選手にも
尾畠さんと同じような「純度」を感じている。
ひとつ前の優勝の時には、一所懸命考えて、スポンサーからボールキッズまでお礼を述べていたが、
どこかのえらいさんたちがやる忖度みたいな社交辞令と全然違う、気持ちの伝わる語り口だった。
全米優勝の表彰式で、その純度は全世界に伝わった。
拙僧は国籍などどうでもいいと思ってはいるが、
セリーナ選手に「Thank you」と言った時、軽く頭を下げたのを見て
「大坂選手はやっぱニッポン人かも」と感じた。
欧米人なら、セリーナ選手の目を見て言うだろう。
ハーフなのに日本人的な振舞い、純粋さを感じるオーラ…。
こちらが恥ずかしくなる。

お二人の活躍を目の当たりにして、拙僧も多少は自分の所業を反省した。微々たるものだが…。
少しでも、この奇蹟的な事実を自らの糧にできればと思う。

 

寛容

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 9月 8日(土)13時32分5秒
編集済
  あえて、書く。
昨今、いろいろなところで、
いろいろな形の「寛容さ」?が必須事項となってきている。
拙僧の考えは全く変わっていない。
暴力や体罰を礼賛しているわけではないが
果たして我々人類は本当に、言葉だけで大切なことを伝え、理解してもらえるようになったのか?
ずっと前にカキコした。
乳幼児にケガや命にかかわる危険なことを教える時、フィジカルな対応(叩くとかも含む)は必要ではないか?
20年前の練習で(はっきり言って)しつけが悪く、自分の思い通りにならない時に、
体育館のフロアに大の字になってわめく6年生男子に、言って聞かせて練習に復帰させる手立てはあるのか?
(その間、他の子たちの貴重な時間を誰が補償するのか?)
是非、教育評論家とかいう方々に教えて頂きたい。
ほとんどの市井のボランティア団体では、参加者を選別できない。
言うことを積極的に理解してくれる子ばかりの集団などいくつあるのだろうか?
トライアウトや入部試験を経て参加者を選別できるような団体なら可能かもしれないが…。
注意する声、必要と思った体罰的なフィジカルな行為が、周りの子や大人に与える影響はある。
それでも、拙僧は、必要ならばやむを得ない場合もある、と思う。
しかし、その前に
「当事者(保護者も含め)間に信頼関係が構築されていること」が必要だと思うし、
「そのような状況を見ても周りの者が納得できる経緯があること」が前提になっているべきだと思う。
つまり、周りの子や親が
「何度も注意されていたのに、あんなことをしたんだから当然だ」と思える状況が必要だ。
その場だけの言葉の指導、優しい?説得で人間なんて本当の反省などするものか。
ちょっと違うが、高学年の女の子とのコミュニケーションで、
JKなんかが親しい子との会話で、よく
「あんたはさぁ」なんて感じで話していることがあるが、
声の調子、イントネーションなんかで、
この「あんた」という言葉がちゃんとその子に届くことがあった。
だから練習中でも「あんた、そこでそのパスはないでしょ!」とか
練習後に絡んでくるような時も「あんた、なにすんのよ」とか
ちょっとおねえ系の言葉で話していた。
ある試合中、名前をからめて「あんたなんでそこでパスすんだよ!」と大きな声で注意?したら、
試合後、相手チームのコーチから
「子供をあんた、と呼ぶのはよくない」とのご指摘を受けた。
「?」と思ったが「注意します」とお答えした。
声掛けした本人ともその保護者とも、全く問題ないとしていた(母親も「あんたもっと走りなさいよ」とか言っていた)ので、
未だに理解はしていない(そのチームとの試合では禁句にしている)。
ことほど左様に、当事者間で納得できていることに、全くの第三者ががどうこう言うことは難しい。
ルールでは暴言や暴力は禁止されているが、試合でよく「弱虫!」とか言う声を聴くし、
拙僧は絶対にしないが、大事な場面の簡単なシュートを外した時に、
大きい声で「あ~あ」という指導者はたくさんいる。
拙僧はその方がよっぽどひどいことだと思っている。
小学生だって、試合でシュートを外そうと思ってはいない。
うちの試合を見てほしい。
そういう時、拙僧は「今の途中までいいぞ、もう一回やれ!」と言う。
自分が彼、彼女の立場だったらどっちがいいかわかるだろう。
どんな意図があったか知らないが、体操の件は、権力を持つ者が
自分の力を過信した愚かな行為だったと思う。
さて、話が飛ぶ。
差別の代表みたいに使われているLGBTというもの。
拙僧はTはある意味病気のようなもので、対応が必要だと思っていいるが、
他の3つは違うと思う。
カミングアウトされたら「ああ、そうなんですね」というだけで
自分が関係ない限り、そのことを理由にどうこうすることはない。
でも、もし拙僧が経営者で、その方が社員に自分の意向を強要したり、
あえてその方向に誘ったりするようなことをする場合は、お引き取りを願うだろう。
性的な興味が、多くの方と違うのは、別に同好の志でまとまるなら、何にも問題はない。
トイレやお風呂などはご自身で対応をすればいい。
そのために、そのことを積極的に認め、措置をする必要を、拙僧は感じない。
特にBというのはなんなんだ?と思っている。
なんでそんな自由を一般の者が認めなければならないのだろう?
全くわからない。
幼児にしか興味がない、というのは犯罪とされるのとどこで線引きされるだろう?
年上にしか胸がときめかない、というのとの境界は?
太った人しか愛せない、というのとどう違うのだろう?
彼らにも周囲の援助、積極的な理解、寛容さが必要だろうか?
LもGもBも,もし STRAIGHT type(その気なし)を引き込んでしまったら(ご自身の意思かもしれないが)
その後の人生は大きく変わる。これは罪にはならないのだろうか?

ジュラシックパークで、パーク内の恐竜はすべてメスで自然繁殖はできない、とハモンド博士は言ったが、
マルコムはそんなことは保証されないとカオス理論を説く。
映画の途中で、主人公サムニールは卵の殻とそこからのこどもの恐竜の足跡をみつける。
これからの地球では、男女の性差がどんどんなくなり、映画の恐竜のようになってしまうのだろうか?
普通に、異性に魅力を感じ、そうでないことに違和感を持つことがよくないこと、
とされるようになっていくのだろうか?
文頭に戻るのであれば、まじめにルールを守り、指導や指示に(疑問が無ければ)積極的に従う
(決して盲目的な生き方を推奨はしないが)者は、
我慢が出来ず、周りに迷惑を及ぼすような者がいても、
言葉で丁寧に対応する寛容さが求められるようになるのか?
だったら、まわりのことなど考えずに、自分の嗜好をおおっぴらにして、
こういう少数派のことも考えろ!と騒いだ方が得ではないか?

大昔、横山光輝さん原作のアニメ「魔法使いサリー」のどこかの話で、
サリーちゃんの同級生の男の子が、母親がご飯を作っている台所に入っていくシーンがあった。
母親は「男の子が台所に入ってくるんじゃありません」(これはちょっと古いかも)と言うと
男の子は「男女同権だろ?」(あら?これも古いかな)と返した。すると母親は、
「それは、男の子は男の子らしく、女の子は女の子らしく、と言う意味ですよ」と答えた。
この考えの何がいけないのだろう。
神様がいらっしゃるのなら、是非教えてほしい。
今の地球にいる我々、人間という生物は、言葉だけで分かり合えるレベルに達しているのか?
そして、生物としての我々の性差はこれからの進化の過程で必要でなくなるのか?

昨今の寛容さ重視の傾向は、強要されすぎという感じを受ける。
我々はまだそのレベルに達してはいないと思う。
 

とりあえず…

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 9月 1日(土)19時46分42秒
  バスケも含め、いろいろありすぎのスポーツ界。
アメフトと同じ名前の18歳の体操選手が、協会の理不尽な行為に反旗を翻している。
ROM諸兄同様、客観的に見て、
「専制的なやり方の報いだ」と思う。
反論?も、謝っているのかなんなのか、主旨がよくわからない。
「しっかり考えた上での対応で、悪意などない」と言いたいのだろうか?
誰か、頼りになる人に見せてからリリースした方がよかったのではないか?と思う。
きっと、客観的に推敲などできる側近などいなかったのだろう。
音声データを出してきたが、
「言ってないことを証明する」のはできないとわからないのだろうか?
『要ったことを証明すること』はできるが、
「ほら、私たちはこんなに優しく話しているじゃないですか」と言ったって
編集してないとか、他で言ってないとかは証明できない。
ここまでくると、もう身を引くしかないだろう。
また権力者が初動を誤った事例をみることになった。

セクハラもパワハラも「相手がそう感じたらそれはハラスメント」だと言われている。
今回は、当初の「練習での暴力?」は被害者?が「違う」と言っている。
しかし、それを問題化させた側の対応に関しては、被害者?は「恐怖を感じた」と言っている。

昨今、指導者に対しては
「相手に嫌な気持ちを与えることは良くないこと」
「暴力や暴言でなく、言葉で(優しく丁寧に)指導するように」
みたいな通達が繰返し届く。

件のえらいさんは、既に「不適切」な行為を繰り返している。
早く解決してもらいたいと思う。

この一件の中で、いろいろな報道で、
当初の暴力行為について
「本当に危険な場面等では、フィジカルな対応が必要なことはある」とのコメントがあった。
(ちゃんとした信頼関係ができた上で)
一概に「昭和的だ」とか「スポ根は古い」などと安易に片づけずに
しっかりとした指導をしてほしい。
日の丸を背負って世界の大会に出る選手を指導するのなら。
我々でさえ、そういうことに注力しているのだから。

アジア大会のバスケ代表の事件?の対応は早かった、厳しかった。
行為自体は情けないが、事後対応は迅速なものだった。
この点だけは評価できる。せめてもの救いだった。


 

うんすい

 投稿者:うんざり2  投稿日:2018年 8月17日(金)11時52分25秒
  大阪の脱獄?犯のニュース。
前にもカキコしたが、
秋田?で自分の娘!を橋から投げ落とした鬼のような女(あえての表現)が
ニュース種になった際、TVでその身勝手さが何度も取り上げられた時、
拙僧にはとても美形とは思えない顔写真が、繰返し画面一杯に出てきた。
あの写真を、半ば強制的に見せられた不快感は未だにトラウマである。
今回も同様の感じがする。
警察で撮影されたであろう「間抜け面」が、何度も画面に出てきて辟易する。
一部報道で別の写真も見た。
そっちの方がまだ少しまともに見えるが、
じっくり見るとやはりなんか違和感?みたいなものを感じる。
最近、一見普通に見えても、なんかおかしいと感じることがある。
その場限りのことであれば「?」と思うだけでもいいが、
関わりが続いてしまいそうな時、それが他の人に迷惑をかける可能性がある時などは
きっちり「あなたはおかしい」と言って関係を断ち切るか
二度と関わりが無いようにする必要を感じる。
当該逃亡者は、他にも何かよくないことを何度もしてきた、とも聞く。
早いとこ捕まってほしい。

 

梅雨明け

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 7月 6日(金)17時35分39秒
  先日、小学生に
「梅雨明けとか報道があったけれど、今年の梅雨がいつからいつまでだったというのは、
9月くらいに正式に決めるんだぜ。おれはまだ梅雨明けって信じていないけどな」
と言った。
どうなるかはわからんが、昨日も今日も大雨だ。
そんな中、23年前の重大事件に絡む関係者の刑罰が実行された。
思い出したように、いろいろな映像が流れると
変に触発、みたいなことがありそうで不安になる。
しかし、そのニュースも、大雨=人命にかかわること、の報道で
中途半端になって、少しだけほっとしてしまう。
大雨を警戒せよ、という報道がたくさん流れ、
変な記憶を呼び覚ますようなことが脇に追いやられ、
予防を呼びかける報道が功を奏して、
大雨による被害ができるだけでないようなことを祈る。
できる用心はしておきたい。
 

凱旋

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 7月 5日(木)13時26分44秒
  W杯の日本代表が帰国した。
出国時は150人の見送りだったのが、
800人を超える出迎えで、空港は大フィーバーだったらしい。
その時だけ取り上げるマスコミ、
この期間だけ、サポーターになる我々ミーハーサッカーファンと違い、
海外(アントラーズの昌子選手を除く)等の厳しい環境で鍛錬し限界まで頑張った選手の方々、
コーチや帯同した裏方のスタッフの方々のご苦労など
拙僧等にはわからない。
試合の中継や結果しかわからない。
そんな拙僧等の「あーじゃ、こーじゃ」言うこと等無視して、
それぞれのみなさんがご自身の次のステップにお進み頂ければ、と思う。
「エンタテイメントなので、観戦する方に楽しんでもらえるサッカーを」と言ってくれた選手も
いらっしゃるが、
拙僧としては、是非、ご自身のためにサッカーをしていただければと思う。
ほんとかどうかは知らないが、どっかの国みたいに
著名な国際大会で金メダル等を獲れば、後の生活は保障する、
みたいなことがあればいいが、
我が国では、往々にして
何年か後に「あの人は今…」みたいな取り上げ方をする。
気まぐれな我々に振り回されることなく
僭越ながら
ご自身のやりたいことを続けていっていただきたいと思う。
大変お疲れ様でした。m(__)m。
 

うんすい

 投稿者:後講釈  投稿日:2018年 6月30日(土)11時36分57秒
  W杯の前、
毎度、にわかサッカーファンになる拙僧は、
いつも通り、家人と論争(口げんか)をした。
「西野監督の指示を選手が理解すればいいセン行ける」
「そんなわけないでしょ」
アトランタ五輪を決めた時、(A代表ではなかったが)ブラジルを破った時
「この監督は相当すごい人だ」と思っていた。
ROMご諸兄同様?普段のJリーグには興味がないので
彼のJリーグの実績などは知らなかった。
でも「A代表は外人監督」というのには納得をしていなかったので
(イビチャ=オシム氏を除く)西野氏の就任には期待していた。
しっかりとした指導を、日本語で指示ができる監督、
グループリーグの1.2戦も当然の成果だと思った。
で。
話題沸騰(ベルギー戦までね)のポーランド戦。
ご諸兄同様、拙僧も、テレビとPCの画面で、JvsP戦とCvsS戦を同時に見ていた。
もう、かなり議論?されいる経過と結果。
勝ちかドローで次に進める。
相手ポーランドは可能性が無く、積極的ではない。
同時開始の対戦中の2チームにはともにBEST16の可能性がある。
初めはしっかり勝ちに行った(勝ち点3)。
先制された後は、同点を狙って行った(勝ち点2)。
そして後半、コロンビアがセネガルに先制した時、
負けているのに、10分位のボール廻しをした(唯一の決勝トーナメント進出に懸けた)。

いろいろな解説が聞こえたが
「カウンター食らうかもしれないけど、点取りに行けよ!!」
拙僧もそう思った。
でもすぐに「コロンビアがもう1点取ってくれ!!!」と
コロンビアを熱烈応援した。
その間、ヴォルゴグラードでは大ブーイイングの中でボール廻しが…。
で、結果が出た。
まあ、拙僧も含め、第三者は言いたい放題。
サッカーじゃねえ、とか、
西隣の国々など、ここぞとばかりにけなし放題。
国内でも、サッカー識者?は比較的擁護のコメントをするが
みんな「何かもやもやが残りますよね」みたいなことを言っている。

ずっと↓に地方巡業で女性看護師さんが救急対応で土俵に上がった時のことをカキコした。
若い場内放送をした呼出し?がバッシングを受けたが、
彼のせいで(おかげで)女性たちは(後からのへんなバッシングを受けずに)
正当に評価を受けることができたと感じた。

今回の件、
もし、セネガルと日本が逆の状況だったら?
そしてセネガルのイエローが少なくて、終盤「勝ち上がるために」ボール廻しをしたら?
決勝トーナメントの逃した我々日本人は
「あんなことをしてまで…」とセネガルを批判できるのか?
「ルールを最大限利用したセネガルのサッカーは日本より上だ!」と卑下しつつ納得するのか?
たぶん、ほとんどが後者だろう。
強いチーム、『優勝』を目標にしているチームは。、
「どんなことをしても」勝ち上がりを狙うのだ。
「成長していく過程」と西野監督が言ったこと、そのままだ。
グループリーグの他のチームを気にしなくても、勝ち上がるのが当たり前、
となるように(でもドイツはまけちゃったけど)なれば、
こういうことも必要なくなるかもしれない。
逆にもっと高度な状況判断が必要になるかも知れない。
丁半ばくちのような、本当の胆力が試されるような場面だった。
やはり、すごい人だと感じた。
チームとして、持てる力をすべて引き出せる手腕があると思う。
(なんか上から目線ぽくてすみません)

拙僧は、ベルギーにも勝てると思っている。
 

関連性?

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 5月31日(木)00時01分40秒
編集済
  西城秀樹さんが亡くなった。
世代としては、西城さんがご活躍していた時が拙僧のティーンエイジと重なる。
♪やめろといわれても~♪耳には多くの曲が残っている。
お別れの会でも流れていた、ブルースカイブルーという曲。
横恋慕的な詩であるが、
「きれいな曲だなぁ」という感想を持っていた。
この曲をGoogleで検索すると(ググると)、下に
Susan Boyle嬢のYoutubeが掲示された。
どういうくくりなのか?
最近はやりのビッグデータ解析で私の検索傾向を読んでの結果なのだろうか?
誰でも同じ表示になるかはわからない。
でもまあ、せっかくなので、Susan嬢の芸能界デビュー番組を久々に見た。
ご記憶の諸兄も多いと思う。
「Britain's Got Talent」での彼女の歌う「夢やぶれて(I Dreamed A Dream)」を聞いた。
ヒュー=ジャックマン主演のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」が話題となったので
ご覧になった方も多いだろう。
その挿入歌である。
情けない話だが、この彼女の予選の映像を見ると、なぜかいつも涙腺が…(>_<)。
本当に理由がわからない。
予選のSusan嬢の雰囲気が曲に合っていたからなのか?
一体これはどうしてだろう?
2009年から累計視聴回数は2億回を超えていた(初日に1億?)。
ついでに。
関連するページから、レ・ミゼラブルを検索し
ミュージカルでアン・ハサウェイ嬢が歌うのを見た。
もう…(T_T)(T_T)。

過去に、ユーゴーの代表作としての題名と主人公の名前、
出版社と交わした「?」「!」という世界一短いという書簡のやり取りの知識はあるものの
原作など読んだことなどない。
現代の利器「ネット」であらすじを追うと
大体内容が分かった。
以前、STAR 1 でやった時にDVDに落としておいたので(2時間半)、
ちょっとだけ見た。
映画も涙を誘う。
耐えられない(T_T)。
手元の、以前まとめ買いした『漫画で読破』に「レ・ミゼラブル」があった。
30分で読み終わった。
ネット、映画、漫画…でエンディングが違うので、原作を読まねばならないかもしれない。
しかし、主人公を貫く「信条」は「神に対して正直であること」だと思った。

最近話題のアメフト。
矢おもての指導者は果たして「神様に対して正直」なのだろうか?
妙な符合を感じる。
そういえば、
西城さんが歌うアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲は
「走れ正直者]
だった.
今まで聴いたこともない曲、撮っただけだった名画を観るきっかけを与えてくれた
西城さんに改めて、感謝。
合掌。



 

報道

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 4月19日(木)12時58分15秒
編集済
  本当に、ずっと前からここで書いてきた。
選択され、切り取られ、編集されて、マスメディアから伝えられる内容は事実のすべてではない。
名誉棄損や誹謗中傷で無ければ、事実を、そのまま報道し、判断は視聴者個々人に任せてほしい。
「▲■市○×小学校で、6年の男子が同じクラスの子をカッターナイフで刺し、刺された子は1週間のケガを負いました」
時々聞くあまりうれしくないニュース。
確かに事象としてはそうだろう。
でも、なんでその子がそんなことをされたのか?したのか?
その経緯が明かされることは少ない。
陰湿ないじめに耐えきれなくて…ということはなかったのか?
せめて当事者の身長とか体重を報道してほしい、と何度も書いてきた。
135㎝40㎏の男の子が、165㎝70㎏の男の子を刺した、としたら「こりゃなんかあったんじゃね?」と部外者でも考える。
要は昨今、地球上の常識とされつつある「暴力はいけない」という『民意』から、
ケガをさせた方が悪い、と短絡的に決めつける前に、
しっかりと経緯を詳らかにしてくれ、
ということだ。
夜中に財務省のトップが辞任した。
おフランスなら全く問題にならないような事案で、
政治家もマスコミもバッシングし放題。
もっと他にやるべきことはないのか?
件の事務次官が朝方、詰めかけるパパラッチのような報道関係者に
「会話の全体を確認してほしい」というようなことを言っていた。
ごもっともである。
ご丁寧に真夜中の辞任会見の後、現政権に批判的なテレビ局が
「セクハラの被害者は当社の記者」
「以前、本事案の報告と、社としての対応を求められたが」
「会社としては、対応しないと言ったら」
「記者が自分で雑誌社に証拠のテープを持ち込んでしまった」
ここで自虐的に
「社員に勝手な行動をさせて申し訳なかった」
「社としてしっかり対応できず申し訳なかった」
という会見をした。
あれ?
何回もF次官とONEonONEの打ち合わせをしていて
何度もセクハラまがいの言葉をかけられた、
のに、
途中で上司にも相談していた
のに、
何で「もう次官番の記者なんて嫌です!」とか言わなかったんだろ?
交代させなかったんだろ?
逆に、こっそり会話を録音するなんて、
これって一体?
これはワナなんじゃね?
言わば現代版の「美人局」ではないか?
****
記「デスク!今日もF次官と会食言ったんですけど、なかなかスクープっぽいネタ出ませんよ」
記「でも、飲みの途中で『ちょっとオッ○イ触らせて』とかは言われたんですけど」
デ「おい、それ使えんじゃね?今度ICレコーダー持ってて録音しとけや」
記「え~?なんかそういうの嫌ですよ」
デ「それで特ダネとれるかもしれないぞ、ちょっとやってみ、いざって時は何とかするから」
という感じだったんじゃねーの?
業務時間外の、ほぼプライベートな飲みの席で
セクハラっぽいことを、女性として聞くのが嫌だったんなら
なぜ何度も行くのか?
絶対におかしい。
鬼の首を取ったように、会見に臨んだ放送局の幹部、バカなんじゃないか?と思う。
提灯をつけて「同じ女性として許せない!!」なんて言ってるコメンテーターもわけわからん。
件の録音の内容はもうほかの部分は削除されてしまったかもしれない。
そうだとすると、私の望むような「事実の全部」は知ることはもうできないかもしれない。
でももし元の音声データが残っていて、裁判で争えるのなら、別の事実が明らかになるかもしれない。
たぶん、日本で一番頭がキレ、行動力もあり、仕事もできるような人が、
全くの濡れ衣かもしれないことに唯々諾々としているとは思えない。
詭弁を弄して無実を主張するのではなく、多分しっかり戦うだろう、
職を辞してまで戦うことを決めたのだから。
外国の報道でも、政府機関の前で数百人が看板をもってデモをしている様子が流れることがある。
よく報道される北朝鮮の画像もそうでは?
映されるのはほんの一部の市民の様子であって、本当の民意を表したものではないことが多い。
別に、現政権や、偉い官僚さんを擁護したいわけではない。
私は事実を知りたい。
そして、
歪曲させたり、どうでもいいことを針小棒大に喧伝して無駄な混乱を起こす方々に
そういうことを辞めてほしい。
本当に、政治家と言われる皆さんには今、我々国民のためになることに力を注いでほしい。
 

別の意味

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 4月 6日(金)10時59分24秒
編集済
  大相撲で巡業が話題になっている。
現時点での報道では、
高齢の市長が
土俵上での開催の挨拶中に
くも膜下で倒れ
土俵上で男性の関係者が右往左往している時に
市長(元病院院長)の元部下だった看護婦(あえて)さんが
疾風のように現れ
土俵の上で
心臓マッサージ等の蘇生術を施したが
巡業関係者から
「女性は土俵から降りてください」と数回アナウンスがあった。
心臓マッサージ等は
後から駆け付けた男性警察官?等に引き継がれ
市長は命を取り留めたが
巡業再開時に
大量の塩を土俵に撒く作業が行われた。
興行側もアナウンスに対し遺憾の意を示し
協会も謝罪を繰り返している。
駆け付けた看護婦さんたちは
「当たり前のこと」として
感謝状等を誇示している模様。
まあこんなとこか。
大事に至らずよかった、よかった。
しかしこの状況。
アナウンスをしてしまった若いという行司を
あまり責めてはかわいそうかな?と思う、別の意味でだが…。
「彼」が非難を一心に浴びる形になっているが、
もし、このアナウンスがなかったら、
きっと、間違いなく、必ず、絶対!
この緊急対応後、
「なんで女性を土俵に上げてしまったんだ!」
というヤツが出てきて
看護婦さんたちがちょっと責められてしまっただろう(かもしれない。)
彼女たちは明らかな功労者なのに、
変なしきたり論で切り返すやつが絶対出てきたはずだ。
でも、このアナウンスのおかげ?で
日本人のほとんどが彼女たちを支持し、
そのような意見を封じ込めることになった。
なんにせよ、
命に別条がなくてよかった。
彼女たちが変に責められなくてよかった。
市長の任期は知らないが、
もし急遽選挙などになったら、莫大な税金が使われるので
彼女たちにボーナスみたいなのをさしげてもいいんじゃないか?とも思う。
 

食傷気味

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 3月12日(月)19時54分50秒
  大阪の小学校の件で、何やら騒がしい。
国会、というところは他者の上げ足取りやスキャンダルの追求ばかりで
いいな、と思えることが極端に少ない。
頭がおかしいんじゃないか?(き〇がいというのは使っちゃいけない表現らしい)と思われるような
近隣国の指導者の暴挙に対する対応とか、
本当に国民が幸せになるような施策の議論とかをなぜたくさんやってくれないのだろう?
どうでもいいことにはコメントしたくはないのだが(前にも書いたが)、
自分が夢に見た事業があるとする。
そのためにはやれること、取れる手段は何でもやろうとした。
えらい政治家の奧さんを講演に呼ぶ。
その事実をことさら利用して、役所から有利な許可などを得ようとする…のは
まああり得る話だろう。
逆に。
それを受ける側は、
いろいろな申し出から
「これはちょっとえらいさんに関係があるかも?」と思うだろう。
誰だって自分がかわいいし、覚えめでたきを得、
できれば出世したいと思うだろう。
ある程度の便宜を図っても、別に損する人が出るわけじゃなし、
と思えば、自身の権限でできることはやってしまうだろう。
これは、いかにも日本的な「忖度」である。
民間ではあまりないかもしれない。どこかでコストが発生し、
それをカバーしなければならず、どこかで発覚または破綻することが多い。
でも公務員の世界では、疑念をもって調べ上げなければ、なかなか露見しにくい。
バレても上司がうやむやにしてくれて、恩を着せるようなこともする。

今回の事案は、官邸やえらいさん本人は何にも関与していないと思う。
だから、どんなに騒がれても「関係ない」と言ってきたんだろう。
しかし、今また問題化している。
証拠となるような書面を改ざんした、ということで騒いでいる。
これは純粋にダメだろう。
何やら騒ぎの火が自分たちに降りかかってきそうになって
頭のいい方々が、保身を考えたのだろう。

えらく強気な依頼者が国有地の廉価払い下げの依頼に来た。
何やら総理の関係者と昵懇らしい。
しつこいし、なんか自分にもいいことありそうなので払い下げた。
マスコミに話が伝わって問題化した。
嘘が嘘を呼び、問題が拡大し、政局になった。
役所内の責任の所在をごまかす過程で、証拠の隠滅を図った。
証拠隠滅が失敗した。
この過程で、悲惨なことが起こってしまい、
その引責もあり、あまり関係はなかったが、
答弁には失敗してしまい、でも何とか逃げ切ろうとした
財務官僚が行き詰って辞任し
それを機に、政敵がここぞとばかり任命責任を追及してきた。
まあこんなところか。
単に「役人の稚拙な忖度」だったことが判明したのでは?
はっきり、姑息な役人のチンケな仕事が招いたことで
こんなことを、ギャアギャア騒ぐ、我々の国民性が情けない。

拙僧は、もっと大事なことを、しっかり議論してほしいだけなのだが。


 

2017

 投稿者:かんとく  投稿日:2018年 3月12日(月)19時15分13秒
  今12期の活動も無事終わりました。
今期は、いろいろ考えることの多い1年でした。
来期は今期の反省を活かせれば、と思います。
今期もありがとうございました。
来期もよろしくお願いします。
 

ローラ母さま

 投稿者:かんとく  投稿日:2018年 1月12日(金)17時41分47秒
  遅くなりました。
今年もよろしくお願いします。
先日の女子都大会会場に、元日本代表の古田さんがいらっしゃいました。
会場校の6年に娘さん(やはり大きかったっす)がいらっしゃいました。

吉報お待ちしています。
 

民意

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 1月12日(金)17時38分8秒
  ずっと前にも、カキコした。
小学校での傷害事件などの報道姿勢。
A君がB君をカッターで刺した、とか、
先生が児童を叩いた、とかいうやつ。
もっと背景も報道してくれ、と思っている。
ずっと陰湿なイジメを受けていた子が耐え切れなくなって・・・
というようなことはなかったのか?
注意しても注意しても騒ぎ続け、
普通に勉強しようとしていた子たちの邪魔を繰り返す子を教師が叩いた・・・とかは?
一体、問題の本質、真実はどこにあるのだろう?
もちろん、上位者が、自分の要求を通すための安直な手段としての暴力はダメだろう。
でも、何とかしよう、何とかしようと可能な限りの努力をしてもダメな場合、
ほっておいたら周りに迷惑がかかるような時
無法者?に「それは許されない行為である」ということを自覚させることが
ほんとうに「言葉だけで」できるのか?
いろいろな教育評論家みたいな輩が偉そうにコメントしてるが、
できるなら是非ともやっていただきたい。
ずっとずっと前にも書いたが、
バスケの練習中、自分がうまくできなかった時に、
フロアに大の字になって喚き散らすガタイのいい6年生男子がいた。
彼を、立たせ、練習に復帰させるために、みんなの練習時間を使い、
やさしい言葉で説得するのか?
体育館から引きずり出し
「お前、ふざけんなよ!そんなことすんなら今すぐやめて、帰って、もうくんな!!!」
と言うのは責められる行為なのか?
相手が子どもだと、こういう行為は問題視されることが多い。
でも社会人になれば、賢い雇用者は、問題を起こすタイプを、
上手に法的に「葬る」こともできる。
しかし子どものうちは「きっといつかは」みたいな期待値で保護される。
「この子だって将来立ち直っていい子になって社会に貢献する(はず)」?
そんな感じでやさしく?指導され、大人になって、
今よりますます厳しくなることが確実な時代をどうやって生きていくのだろう。
本当に悪い奴は、ばれないように、うまくかわしながら、時には反省したふりをして
すり抜けていく。
ニュースとして語るのなら
「こんなことをしたなら殴られても当然だな」とわかるような、
背景を詳らかにする報道をしてほしい。
拙僧は、一元的な報道での、速報的な
「体罰があった」系の事件は聞き流している。
その報道に真実がどのくらい含まれているのか?いつも疑問がある。
長年、体罰などせず、教育や指導を続けてきた「大人」が
手を上げる、のは余ほどの理由があるのでは?と考えるべきだ。
そんな時に「教師が暴力ふるっていいのかよ?」などというような奴は
はっきり言って「確信犯」だ。
真実は何なのか?
確かに暴力はよくない。
しかし、何度も何度もいうが
我々現在の人間は、まだ言葉だけでしつけられるほど高等ではない。
本当に、止む無く、思い余っての行為を、簡単に体罰などと断じる風潮は改めるべきだと思う。
コメディ風ドラマ「リーガル・ハイ2」の終わりの方で
堺雅人さんが「民意」を問うシーンがある。
民意ならば正しいのか?と問いかける。
よすがにするのは「事実(真実)」であり「法」である、というような主旨で語る。
「すべて暴力は良くない」というのは民意なのか?正しいことなのか?
できるだけ穏やかに、言葉で…。
ネット上でも炎上などしにくい、当たり障りにないやり取りで終始し、
何かあったら、すぐに
「不適切でした」
「撤回します」
と火消しをする。
そこに人間同士の本当の関係性は醸成されるのだろうか?
自分で考えることを放棄し、記録も記憶も対応もAIに任せるようにしてしまうのか?
2040辺りと言われるシンギュラリティ以降、人間は幸せになるのか?

決して暴力や体罰の礼賛をしているわけではない。
拙僧は、物事の真実が知りたい。
そしてそれに基づいた自分の意見をもちたい。
 

ご挨拶

 投稿者:ローラ母  投稿日:2018年 1月 4日(木)08時56分15秒
  明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

ローラたち9期生は、今月から高校受験に突入。6期生の子たちも大学受験ですね。春には、みんなで良いご報告ができると良いのですが(^_^)v

そして5期生たち。今年ハタチになります。成人した娘の同級生たちに会えるのが楽しみです(^_^)
 

謹賀新年

 投稿者:うんすい  投稿日:2018年 1月 1日(月)00時00分4秒
  あけましておめでとうございます。
本年も皆様にとってよい年でありますように。
今年もよろしくお願い申し上げます。

http://unlimiteds10.web.fc2.com/

 

御礼

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年12月31日(日)23時48分40秒
  みなさま、今年もお世話になりました。
ありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えください。
 

再び

 投稿者:かんとく  投稿日:2017年10月31日(火)17時33分12秒
  今年度のミニバスケットボールの全国大会は、会場の工事のため、高崎で行われる。
大きく参加資格が変わり、チームを構成する子の学校数の制限がなくなった。
よい指導者がちゃんと教えてくれるようなチームは往々にして、
たくさんの小学校から子供が集まるので、今までは都道府県大会で優勝しても
全国大会には出られなかったが、今年からは出られる。
東京の男子のY、女子のT、埼玉男子のT等々の「コーチ」を、
これからは全国の舞台で見られると思うとちょっと楽しみである。
今までは、入部してきた子が5校目だったりすると、断ったり、下級生を登録から外したり…
みたいなことをしたとかしないとかいう話も聞いたし、
そういうことをライバルチームがリークする、なんてこともあった、らしい。
今後はそんなことを気にせず、自分が希望するところで指導が受けられ全国に挑戦できる。
多分、今後は毎年同じチームが出てくるだろう。
しかし昨年まで4ブロックで4チームの優勝を決めていた大会は、
今年度からは「全国交歓大会」となり、各チーム2試合(以上?)の試合をしてはい終わり、
ということになるらしい。
で、おなじみのマンツーマン限定のディフェンスでの試合。
理論的には、
バスケが大好きで、フィジカルも十分な期待できる子が、最もいい指導をするチームに入る、
そのチームが全国に出る。
全国のそういう子が集まる(はずの)大会で、
勝敗に関係なく、しっかりとマンツーマンでプレイできる子供たちを
JBAの育成担当者が観て
エンデバー候補を見つける。
しっかりと育成して日本代表選手に育てて
日本が五輪や世界選手権でブイブイ活躍する・・・
てなことにはならない。
絶対にならない。
その時にピックアップされた子よりもまったく別線からの子の方が
代表の中には圧倒的に多いだろう。
ご丁寧な、マンツーマン指導マニュアル、みたいなものがまた公開された。
こんなものはいらない、少なくとも私には。
とっくに公式戦ではちゃんとマンツーマンで戦っている。
まあ小学生なので若干あやしい?動きもあるが、まあルールに則っている。
何度も、何度も言うが、中学まで、などというよくわからない期間限定?のルールがある競技で
一体レベルが上がるのか?
FIBAではミニバスでの
マンツーマンは禁止されている、などというが、
そもそも日本のように、小学生用にアジャストしたバスケットを、
体系化して展開しているような国は一体いくつあるのか?
ずっと前にもカキコしたが、オーストラリアのミニバスは全く別の競技だったと
私が信奉している指導者が言っていた。
以前にも一度、ミニバスはマンツーマンで、ということがあったらしい。
その時は、統一した?指導ができないとかなんとかで4年で止めた。
今回は中体連もからんでいるので、マンツー縛りの動きは大きい。
中学の部活の顧問は、よく
「ミニでしっかりマンツーを教えてほしい」と言っていた。
まあ、あまりバスケを知らず、指導のできないセンセに多かった。
これは、ゾーンの方が教えるのが難しいからだと思う。
マンツーマンで試合をすれば、負ける原因は個人に特定できる。
ゾーンで勝つには、守り方をしっかり教えないとやられる。
でかいやつがドーンと立っているだけでは勝てない。
全員で守らなければならない。
少なくともコートの5人がコーチの言うことを聞かなければ守れない。

ミニでも基本は1対1だ。
練習でも時間を割く。
でも戦術として試合でゾーンを使う。
何が問題なんだ?
ほんとにいまだにわからない。
日本代表を強くするには、
中学の部活の指導を外部でも何でもいいから、ちゃんとできるコーチに頼む、
市井のチームから「これは!」と思う子がいたら、月1回でもいいから各都道府県で簡単なトライアウトをし、ツバをつけておく。
その子たちの中から選抜し、中3の夏から勉強を合わせた合宿みたいなのをやる。
ミニの子には体育館が使いにくい学芸会シーズンの11月あたりにやっては?
あとは卒業式が終わったら「式場保存のルール」(ある校長はしたり顔でこう言った)などと
わけのわからなことを言わず、原状復帰を条件に
「新6年生」に練習させたらどうか?

ちぐはぐなことを学校側がやっていて、
やれ強くするだの
国民みんなが「正しい?」バスケットができるようにマンツーを教えるなどと
あほなことに無駄な力を使ってないで
実効のあることをやった方がいい。

本当に警告しておくが、こんなことをやっていても日本のバスケのレベルアップには直結しない。


 

雑感

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年10月31日(火)10時22分26秒
編集済
  東京郊外に有名な私立学校がある。
むかーしは都心にあり、高等部だけだったが、中等部ができ、
男女共学になり、今は小学部がある。
系列の大学にも進学できる。名は伏せる(意味ないか…)。
最寄り駅は北口が大規模の再開発中で、最近経路が変わったが、
駅への通路はラッシュ時には混む。
そこの生徒、児童は、通学時、それほど広くない通路を
3列、4列、時には5列で進む。
ジャマ、である。
そこで降車する拙僧は
「ジャマだな」と思いつつ、対向者がないときに抜いて、忘れ、かかわらないようにしていた。
交差点では、系列大の教育学部の卒業生?っぽい若手の教師?が誘導をする。
が、
彼らは渡らせるだけで、その後の処置をしない。
なので、横断後、児童生徒は雌犬のおしっこのように道に広がる。
以前京都で、いつも車道いっぱいに広がって歩く中学生に、
車で突っ込んでいった若者が捕まった事件があったが、
就活かなんかで、急いでいる時に、無秩序に広がって歩く児童生徒に腹をたてず、
理性的に対処できると自信をもって言える方はどのくらいいるのであろうか。
当該駅では、拙僧は「出る側」なので、そのようなことはないが、
ぶつかったりするケースはかなりあるに違いない。
先日、雨の日に、そこの小学生がまだ狭かった通路でちょっとしたいさかいをして、
歩きながらカサでチャンバラ風な動きをした。
学校の中で、殴り合おうがどうしようが、そんなのはどうでもいい。
でも狭い通路で、瞬間的にカサの先が振られたら。危ない。
仕方ないので速足で近づき
「やめろ!」と言った。
ごめんなさい、も、すみません、もなく
3,4人の「ガキ」は走って行った。
また同じような状況を見たくないので、
いつものように「交通整理?」をしている教師?に
「お宅の児童が…」と指摘し、ついでに無駄と思いつつ、
「通路はせめて2列で歩かせろ」と言った。

別の日、その駅近にあるスーパーで朝飯を買ってレジを待っていた時、
女子中学生のグループが買い物をしていて、待っている子が
買い物をかごから袋詰めする台に「腰かけていた」。
野菜やお惣菜を一度置くかもしれない台に、きたねースカートで座る?
どこの学生か、制服からだけでは判断できなかった。
「おいこら!」と言っても「変なオヤジに怒られた」位しか思われないのは明らかなので
自分の会計後、レジ係に
「あれはどこの学生だ?」と聞いたら
「↑の学生だと思います」との答え。
先ほどの「狼藉」を伝え、
「客からでなく(店側から)注意してもらわないと(刺されるかもしれないし)」
と言った。
「はい」とか言っていたが、まあ何もしないと思ったので
ネットでその学校と似たような制服だったことを確認し、
「通報」した。
一方的に伝え、ついでに通学時の広がりの苦言も加えておいた。

この数日、気のせいだと思うが、件の「交通整理の教師?」は
コンコースの出口で
「2列に並んで」とか言うようになり
なんか列幅も狭くなったような気もする(まあ勘違いだろう)。

小学校から受験で入るのだから、経済的に余裕のある家庭の「お子様」達だろう。
少子化で学校運営上、小学生からの囲い込みをするのもわかる。
しかし、公共の場での秩序に関して、もっと指導するべきだろう。
人間世界で生きていくためには必要である。
セレブになって突き抜けるならいらないと思うが。

この高校の男子バスケ部は、毎年年度末に都内の別の高校で開催される、
ちょっとした大会のような試合に参加する。
その大会?には全国や関東の強豪と呼ばれるチームがたくさん来る。
時々大学のチームも来て、高いレベルのゲームが観られる。
その試合間、自チームの休憩時には
大体のチームは
寝たり、ゲームをしたり、スマホをいじったり、マンガを読む。
しかし、
「↑」の学校の子たちだけは
『参考書を開いて勉強をしていた』子が多かった。
10年ほど前からそういう状況を見ていた拙僧は
当時「頭と経済力に余裕があってバスケを続けたいのならこの学校に行け」と言っていた。
その頃のバスケ部のほとんどは外部進学者だったと思う。

自分の中で、たいへんいい印象があったのに、
当該校の、普段の、下級生の実情を知り、大変残念な気持ちになった。
もしかしたらバスケ部員も?

大きく論理を飛躍してしまうが、5,6歳で勉強だけできてもあんまり意味ないなぁと感じた。
 

相似

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 9月 5日(火)10時49分15秒
  なんかこのままだと、はっきりキチガイとしか思えない北朝鮮が
自国の破滅に周りの国々というか、地球の一部を巻き込んで、
取り返しのつかない結果になってしまうような心配がある。
私が海外の当事者ならどうするか?
我が国が攻撃されたとしても、欧米人等は痛みは感じないだろう。
かわいそう、と思ってくれる人は、いるかもしれないが。
各国は、対話だ制裁だと言いながら、まずは追込むだけ北朝鮮を追い込む。
失敗か、狙ったかは別にして、我が国か韓国にミサイルの一発が落ちるのを待つ。
一発でも落ちれば、それを大義名分に、北朝鮮の排除にかかる。
たぶん首都に一発ミサイルを落とせば、崩壊するだろう。
国境を接するチャイナや韓国は膨大な数の難民に相当難儀するだろう。
「大量破壊兵器がある」と言う理由をでっち上げ、
フセイン政権を崩壊に追い込んだのに、はっきり核兵器を準備している国にダメ出しができないのが情けない。
約束なんか破りまくっている国だから、宣戦布告などしないでいきなり撃ってくるだろう。
「日本だってやったくせに」等と言いながら。
韓国が動き出したらしいが、一番いいのは、
首謀者の排除、である。

我が国の中にもブラックと言われる組織に
同じようなことが存在する。
完全に生殺与奪の権限を持っているオーナー社長が
取り巻きと運営しているような会社では
会社の方針に抗うことや、経営層に対する批判は厳しく処分される。
同僚はみな、社長達のスパイ?で、ちょっとしたこともすぐチクら(密告さ)れる。
極端な例だが「3人以下の社員同士の飲み会は禁止」というような会社もあった(実話)。
何らかの会社批判をするから…というのが理由?らしい。
ネット上の批判もことごとくチェックされ削除される。
そのための部署もある。
賢いやつは上手に社長に取り入り、楽できれいな業務につき、高給を得る。
若い社員の拘束時間は長く仕事はきついが、頭のいいやつはうまくサボる。
しかし、発覚した場合は相当ヤバい。
でも日本なので、耐えられなければ辞められる(逃げられる)。
なんとか普通に?言われたことをやっていれば、給料はもらえる。
社長に気に入られるようになるため、足の引張り合いもある。
そんなのしないでうまく立ち回ればいいが、負けたりするとやはりヤバい。
まあ、こんなウルトラブラックの会社?でも顧客のある事業をしていて
他の人に迷惑をかけていなければ存在は認められる。
北朝鮮よりはいい(と思う)。
この組織が、周りの人や町に迷惑をかけているとしたら?
どうやって罰するか?
融資を回収する
預貯金を凍結する
取引を禁止する
客になることを禁止する
電気の供給を止める
サイバー攻撃をしかける
会社を訴える。。
経営者を何らかの理由で逮捕する。
力ずくで言うことをきかせる。
かなあ。
 

迷惑

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 8月18日(金)19時19分52秒
  どこかで女性キャスターも言ってたらしいが、
もう、うんざりである。
「その約束は前任者がしたもので私は関係ない」?
国の代表者がいう言葉とは思えない。
何度も、いろいろな約束をしても、舌の根も乾かぬうちに勝手なことをするところもある。
どちらの国も「おかしい」。
はっきり言って迷惑である。
前者はほんとに毎度のことなので「約束を守らないのなら金を返せ」
と言ってほしい。
後者はもう何が何だかよくわからないので
ビシッと一発、お灸をすえてほしい。
技術的に信用できるレベルなら
「やればぁ?」と言ってもいいが、
ほんとに言ってる通りできるか疑問の残るレベルでは
ほんとに迷惑、である。
このまま「体制の維持」など認めないで
なんとか決着をつけてほしい。
ゴルゴ13とか、ほんとにいればいいのに…と、切に思う。
もううんざりだ。
 

助長

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 6月21日(水)21時52分10秒
編集済
  ↓の↓に偉そうに人間の進化に関するようなことを書いた。
我々はそんなに高等じゃあないだろう、
だから殴ってもよい、などとは思っていない。
実際は全く逆で、
話しても理解できない相手に
さらに丁寧に、
機会を選んで(タイミングを逃さないようにして)、
何度も何度も繰り返し、
理解できるまで、
試みる。
コーチっぽいことを続けているうちに
相当、我慢強くなったかもしれない。
若い頃?の拙僧を知っている悪友たちは
久しぶりに会うと、大概、拙僧の変化に驚く。
自画自賛するつもりなどさらさらないが、
客観的にみると、相当変わったかもしれない。
実態は、そんなには変わっていない。
時間をかけているのは
「信頼関係の醸成」で
信頼関係ができている、と判断できた相手には
しっかりと?必要な対応?している。
それでも、拙僧の前と、それ以外ではまったく別の態度をとる場合もある。
体育館で、あるいは拙僧の見ている時はまあいい子、であっても
そうでない場合は全く違う…というタイプもいた。
逆に、体育館では陽気でも、教室では楽しくない、ということもある。
前者は大体、本質が露見する。
そこここで齟齬が生じ、自分で自分の首を絞めるケースが多い。
最悪、退会する。
後者はなかなかわからない。
ちょっとした子供たちの会話の中から「?」と思うような感じで気づければ超ラッキー、
と言える。
別に拙僧等は教師でもなんでもないが、
こういうことを何とかうまく解決に向けていけないか?といつも考えている。
バスケットなんかよりもそういうことに注意をしているといってもよい。
ベストのシナリオは
仲間内で何らかの対処ができるようにすることだが、
本当に難しい。
しかし、それができた時は
彼、彼女達のつながりはずっと続いていく。
前者は、その助長を庇護するものが無くなった場合、一気に破綻する。
後者のような子の応援が続けられればと思う。
 

 投稿者:かんとく  投稿日:2017年 6月 9日(金)23時32分51秒
  バスケットボール
3×3、東京オリンピック種目に決定!
今の高校生世代、チャンスあんじゃね?
 

進化

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 6月 9日(金)23時27分52秒
編集済
  一体いつから我々は、言葉ですべてが伝わるようなレベルになったのだろう?
一体いつから我々は、感情のこもった叱責よりも、褒められることで伸びるレベルになったのだろう?
男女平等、ジェンダーフリーect.今の世の中は、マイノリティに対する優しさを示さなければ
反撃され、逆襲される。
本音とは違う、きれいな?言葉での表面的な「議論」「討論」等がいったい何を生むのだろう?
教育、特に公教育の場では、当たり障りのない、誰も傷つかない、責任の所在をぼかすような、
問題を上手に先送りするような対応が「良し」とされる。
溜まった問題はどうなるのだろう?
決して体罰の礼賛ではないが、よく引き合いに出される、機動戦士ガンダムの場面を…


ブライト:「アムロ貴様なぜ自分の任務を果たそうとしないんだ。」
アムロ:「ブライトさんはなんで戦っているんです?」
ブライト:「今は、そんな哲学など語っている暇はない。立てよ、おい。」
アムロ:「やめてくださいよ。そんなにガンダムを動かしたいんならあなた自身がやればいいんですよ。」
ブライト:「出来ればやっている。貴様に言われるまでもなくな。」
アムロ:「僕だって出来るからやっているんじゃないんですよ。」
バシッ(平手×1回)
アムロ:「ウッ、殴ったね。」
フラウ:「ブライト少尉」
ブライト:「殴ってなぜ悪いか。貴様はいい、そうやって喚いていれば気分も晴れるんだからな。」
アムロ:「僕がそんなに安っぽい人間ですか。」
バシッ(平手×1回)
アムロ:「2度もぶった。親父にもぶたれたことないのに。」
ブライト:「それが甘ったれなんだ。殴られもせずに1人前になった奴がどこにいるものか。」

果たして、生死の分かれ目や極限の状態になった時にも我々は
冷静に、論理的に、諭すように、丁寧に説得できるのだろうか?
ずっと前、ここに書いたが
ある幼稚園教諭経験者から聞いた。
「使ったおもちゃを片づけずない子と、自分や友達のけがが予想されるようなことをする子(例えばベランダから落ちそうになるとか)では、怒り方は違う」
「本当に危険な行為は殴ってでも止める」
「その経験を通して危ないことを理解させる」
全くごもっともである。
ちょっと手を挙げただけで「教師が暴力振るっていいのかよ」というアホウの話はよく聞く。
何様?のつもりだろう?
きっと、おこさまなんだろう。
どんなにネットで情報を得ようが、聞きかじったことで文句を言おうが
頭の中身の「経験(体験)値」は極めて小さい。
逆にこれだけ情報があふれている現代、それを上手に咀嚼して伝えようとしてくれる方もいる。
あるいは、本当に大切なことを、伝えようとしてくれる方もいる。
その伝え方は、場合によっては、厳しいものかもしれない。
教育を「受ける場」を終え、保護者の庇護が無くなって、一人で社会に出た時、
彼、彼女の周りには、彼らに親切に優しく接してくれる仲間がたくさんいるのだろうか?
このままいけば、イジメなどないのだろうか?

今は奈良県の県立高校の校長になられた藤原和博さんは
「残念ながら、イジメはなくなることはない」と仰っていた。
これからの世の中の方が、我々の時代よりもっともっと厳しい状況になるだろう。
どういう状況になっても、
自分の心の平静を保てるような精神力、
いろいろな状況に対処できる柔軟性、
いつもではなくとも、必要に応じてポジティブに考えられる能力etc.
そういったものはどうやって身につけられるのだろうか?
過去、500人近くの子供をみてきて
それぞれの押しどころ(やる気スイッチ?)を感じてきた。
怒って伸びる子、体罰に対して極度に敏感な子、怒ったらダメな子、すごくからんでいたが卒業後は一度も顔を見せない子、信頼関係を築くのに途方もない手間がかかるが、できてしまうと一気に開花する子などなど。
背景等もいろいろ感じることも多い。
相手に対する適切な、できればドンピシャリ、と言える対処ができれば一番良い。
必要なことが、適切に身に付けばよい。
成人、あるいは婚姻までに身につけばよい。

物事や事象を表面的に捉えず、本質を掴んで適切な対応ができれば…と思う。
その方法は果たして言葉なのだろうか?
我々はまだそんなに高等な生物になってはいないのではないか、と思う。


 

感謝

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 4月18日(火)10時11分53秒
編集済
  自分の考えを人にしっかり理解してもらうのは難しい。
言葉は、実際に受け手が近くに(見えるところに)いる場合が多く、
表情や、声の感じが加味されて、少しは伝わりやすいが
(電話や、FACETIMEとか手段は多様化したが)
書籍などでは、読み手に自分の考えを伝えるのは難しい。
自分の理解をそのまま、活字にすることは、まあ頭のいい人ならできるだろう。
でも、同じレベル以上の方になら伝わるとは思うが、
拙僧等一般人には、ちんぷんかんぷんのことが多い。
(昔の)岩波文庫の「青い帯のやつ」の翻訳物をチロっと見ればよくわかる。
偉い先生が、カントだ、ルソーだと訳しておられるが、
訳語自体が難解で、日本語自体が何が何だかわからない。
「やはり、有名な哲学者なんかが考えることは高尚で、我々なんぞには理解できるものではない」
と思い知らされる。
ちょっと前から意訳を超えた?「超訳」みたいなものが出てきて、少しは読みやすくなったと聞くが。
ドイツ語など、文法が論理的(らしいと聞いた)な言語は、下手をすると堅苦しい日本語になってしまう。
「夕飯までに帰ってくるの?」というドイツ語を辞書を片手に訳すと
「あなたは自分の夕食の時間までに忠実に帰宅をすることが可能なのか?」という感じにもなるらしい。
同じようなことは、英語などのポピュラーソングの和訳の歌詞にも言える。
訳者ご本人も言っているが、ビリー・ジョエルのPiano Manという曲に
 And the waitress is practcing politecs
 as the buisinessmen slowly get stoned
という部分がある。
これを、
ウエイトレスは(学校で)政策を学んでいる(苦学生?)
ビジネスマンはゆっくり石もって追われる(酔っぱらいは追い出される?)
と訳していた。
日本版の訳詞に載っていた。
しかしオリジナルのPVを見ると、
この歌詞のところでは
お尻を触られた(!)ウエイトレスがビールをその客にぶっかけてやり返していて
会社員は飲みすぎて酔いつぶれていく。
最近ネットにでている訳は
 ウエイトレスは駆け引きの練習をし
 サラリーマンはゆっくり酔いつぶれていく。
となっている。

少し逸れた。
要は、難しいことを、難しいまま伝えることはできても
難しいことを、わかりやすく伝えるのはとても難しい。
ちょっと、難解な言葉でごまかすことは案外できるらしい。
出来るだけ平易な文章で、拙僧等にもわかるように書くのは難しいと思う。

そんなことを、ずっと続けられてきた(と拙僧が信じて疑わない!)方が
上智大名誉教授の、渡部昇一先生だ。
超有名な方なので、説明は要らないだろう。
英語学(細かい分野は知らないが)の泰斗でらっしゃるが、
語学や日本史を初め、夥しい数の、広範な分野の著書をものされている。
拙僧の印象は
先生の訳には、ウソがない。
いい加減な論理展開がない。
というものだ。
啓蒙書も多く、先生の著書の中の多くの言葉に助けて頂いたことは数え切れず…。
10年以上前だが、一度講演をお聞きする幸運に恵まれた。
その講演中、聴衆の中に仕事か何かで中座をしなければならなかったのか初老の紳士が、
講演終了前に、起立して深々とお辞儀をして退出した。
先生はその方に一瞬顔をを向け「わかったよ」というような表情をされ、話を続けた。
今もってその光景は脳裏に焼き付いている。
なんかいい感じだった。

その先生が、昨日、おご逝去されたとの記事を今朝、知った。
著書のことなどまだまだいくらでも書けてしまいそうだが、
ここまでとする。

心からの感謝とご冥福をお祈り申し上げる。
合掌。


 

価値

 投稿者:かんとく  投稿日:2017年 4月 2日(日)11時20分32秒
  今年もミニバスケットの全国大会が終了した。
全国47都道府県と順番に地域ごとに1代表が追加され48チームが4ブロックに分かれ
それぞれに優勝チームが決まる。
年々、選手は大型化し、180近い選手も多い。
この時期は女子の方が身長の伸びが早いので、女子も大きい子が多い。
2大会前からマンツーマンディフェンス縛りとなり
試合を監理するコミッショナーが
「イリーガルディフェンス」の裁定をする。
(1回目の赤旗で試合を止めチームに指導)
(1試合に2度赤旗が上がるとテクニカルファール)
(これで試合の流れが変わることが多い)
まあ、私ははっきりこの制度(意図も含めて)に反対なのでこの件はおく。
新たな話題として、
①来年度は、聖地代々木の改修工事?のために、開催地が「高崎になる」。
②同時に全国大会の出場要件になっていた「チームの構成選手の所属小学校数の制限がなくなる」
③全国大会は、試合数を保証した交歓大会とし、順位付けは行わない。
と決まったようだ。
いつもながらのトップダウン。
これは、3年前にトーステン=ロウブル氏が言っていたことそのまま。
要は、彼の意向通りに変更されたということだ。
しかし交歓大会でイリーガルディフェンスの赤旗が振られる?
「交流」がメインじゃねーの?
勝ち負けは二の次じゃねーの?
矛盾している、と思うのは私だけか?
でも
4校までだった縛りが無くなり、
今まで地区のナンバー1でも出られなかったチームが出てきて
よりレベルの高い試合が見れるのは楽しみではある。
しかし、そんな強いチーム作りを目指しているところばかりではない。
JBAの管轄の大会がクラッシック(最上級)なのか?
どの程度の価値があるのか?
きっと近々、いろいろな価値基準が出てくるだろう。
しかし、集めるだけ集め、保護者や本人の意向に沿って
創りこむ指導者も出てくるだろう。
それを契機に、レベルアップし、上を目指す子が増えていけばいいが
U12でバーンアウトする子も増えるだろう。
私は、どんなにお偉いさんがいろいろ言おうとも、
バスケットには、自由な環境がベストだと思っている。
 

常識

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 4月 2日(日)09時57分27秒
編集済
  ニュースがつまらない。
国政にあまり関係ない事項を
面白がって何度も特集している。
私立の学校の創設希望者?がご自身の思想に合った教育?をしたくてしたくて
いろいろな準備をした。
お願いできることは何でもやる。
役所にもいろいろ話をしただろう。
前例のないことに対する責任を取りたくない行政の反応が悪ければ
政治家にも……まあ当然と言えば当然だ。
拙僧も、20年程前、事業の創業資金融資に関して政府系金融機関に門前払いされた時、
後に国政にも携わった知人に(当時は鞄持ちだったが)相談に行った。
彼は、担当者と会えるようにアポを取ってくれたが、
担当者とは会えたものの、結果は木で鼻をくくったような「ゼロ回答」(T_T)。
まあ、創業時にはある程度の自己資金か、(土地や特許などの)担保、お金持ちの支援者等が必要、
と身に染みた。
その時、彼に
「こういう真っ当な?話(陳情)は珍しい。『駐車違反を見逃してほしい』とか(無理な話)が多い」
と言っていた。
要は、地元の政治家は「困ったことの口利き」をする、という認識が選挙民、支持者にはある、
ということだ。
しかし、大義がなかったり、自分の選挙にプラスになることでなければ、
連絡を取った振りだけで
「やっぱり難しいみたいです」
とゼロ回答する輩も多いと聞く。
件の理事長も、夢?の実現のためにできることはすべてやったのだろう。
使えるツテはすべて試したのだろう。
まあ誤解を恐れずに言えば、陳情することは、我々の権利だ。
だから、講演に来てくれて縁のある総理夫人にも
いろいろお願いするのは当然だろう。
強力なツテなのだから。

100万円の寄付?は
↓のような感じか、
あるいは、D夫人と混同?しているか?とも思うが、
ちょっと寄付というのは(政治家はみんな身銭は切らないケチな人が多いので)疑問が残る。
でもまあ、講演の謝礼は渡されているだろう、手渡しであれ、振込であれ。
建設費。
件の理事長は
「総理大臣等の関与を匂わせておけば、縦割り行政なのだから(建設費を提示した)3つの役所間で整合性を確認すること等はない」と考えたのだろう。
詳らかになった現時点では、これは犯罪である。

国有地の定期借地権のディスカウントは、
いろいろ、頭のいいお役所の方々が答弁されているが、
やはり「役人の忖度」があったということだろう。
利用が難しい国有地を処分するのに、減額に使えるいい口実を見つけて来てくれた、ラッキー(^o^/。
この点数稼ぎで、なんか総理とも親しそうな理事長経由で、もしかしたら出世しちゃうかも?
と思ったんでは?
別に所有権じゃないんだし。
実際にその定期借地権の払下げを受理した職員を証人喚問すればいいんじゃね?
と思う。

なにはどうあれ、
このことをきっかけに「内閣総辞職だ!」「政権交代だ!」などとくだらないことばかりやってないで
彼の国からのミサイル攻撃に対する準備とか、
CHINAの尖閣諸島への暴挙への対策とか、
少子超高齢化に対する「有効な」施策創りとかを論議してほしい。
 

ばかばかしいが…

 投稿者:うんすい  投稿日:2017年 3月17日(金)14時05分38秒
  一連の小学校の件。
たぶん…。
呼ばれたら講演でもなんでも出かけるFirst Lady。
ボランティアで講演に行ったら
「これ、今日のお車代(謝礼)です」と100万円渡された。
「いえ、謝礼は要りません」
ここで、受け取って、いや要らないのやり取りの後、
「では、これは学校への寄付ということでお受け取りください」と言い、
「では、総理からのご意志ということでお受け取り致します」と受け、
「それで結構でございます」
「領収書は如何いたしましょう?」
「いえ(実際に私の出したお金ではないので)要りません」
…。
こんな感じでしょうかね?
今後は、件の理事長が、保身のためにどんなことを言うのかが楽しみですね。
まあ、政治家はいろんな寄付なんかしたら大変なので、まあやってはいないと思いますが?
さてさて真実や如何に?
 

レンタル掲示板
/30