teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


組みあがりました

 投稿者:san  投稿日:2013年10月20日(日)21時39分22秒
返信・引用
  お世話になっております。
HPにアップされているバックロードホーンの設計図を真似て組み上げまで漕ぎ着けました。

メラミンスポンジの位置がここでよいのかわかりませんでしたが、現在はサイドの蓋も締まり圧着中です。

音を出すのが楽しみですが、まずは塗装を完了しないといけませんね。
一応、手の届かないようなところだけ、ロックペイントの水性ウレタンニスを塗っています。

 
 

綺麗に仕上がりました

 投稿者:ナット―おじさん  投稿日:2013年10月12日(土)11時26分22秒
返信・引用
  この夏にこちらのサイトを参考にして初めてバックロードホーン型のスピーカーを自作しました。以前、塗装の事で直接メールしたのですが、すぐにご丁寧な返事をいただき、ありがとうございました。これから自作しようという人のことを考えたら、ここに投稿すべきでしたね。[ワシン水性ゆか用ニス]を6回か7回程度塗ればいいということでしたので、教えていただいた通りにやったところ、本当に見る見るうちに綺麗に仕上がりました。それに部屋全体に鳴り響く感じで、いい音が鳴っています。本当にありがとうございました。  

ありがとうございます。

 投稿者:takano  投稿日:2013年 8月 6日(火)22時48分12秒
返信・引用
  > No.20[元記事へ]

takanoです。
度々すみませんでした。図まで載せていただきありがとうございました。よくわかりました。またよろしくお願いいたします。
 

Re: 教えてください。

 投稿者:管理人のTAKABOU  投稿日:2013年 8月 3日(土)22時36分12秒
返信・引用
  takano様、こんばんは。ポート共振の90Hz→75Hzへの変更については、この図面のとおりです。
136mm(赤色部分)にします。板厚分12mmが加算されてポート長は148mmになります。その際にポート奥の補強板がかぶるので向きを変更します。
 

教えてください。

 投稿者:takano  投稿日:2013年 7月31日(水)23時48分18秒
返信・引用
  takanoです。
さっそく申し訳ございません。お返事いただいた中の「同じ面積で148mm」というのは、図面の中の「90mm」の板を「148mm」にということでしょうか。教えてください。(ものを知らんのにもほどがあるというところでしょうが…すみません。)よろしくお願いいたします。
 

Re: ありがとうございました。

 投稿者:takano  投稿日:2013年 7月30日(火)23時26分59秒
返信・引用
  > No.17[元記事へ]

takanoです。
お返事ありがとうございました。管理人様が制作されたときのスピーカーは(あたりまえですが)もう販売されておりませんので質問させていただきました。(FE83En・FF85WK・W3-582SCは入手が簡単ですので…)。また、ポートの長さ等もお教えいただき感謝、感謝です。少しずつ制作して行きたいと思っています(まずはコピーで…きっと次ぎもコピー。で、お願い:HPはずっと更新していってください)。
また質問させていただくことがあると思います(きっとある!)ので、その節はよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
 

Re: 教えてください。

 投稿者:管理人のTAKABOU  投稿日:2013年 7月28日(日)20時13分18秒
返信・引用
  > No.16[元記事へ]

takano様、質問ありがとうございます。「FE83E ミニバスレフ」は実は私の中でお気に入りの機種です。FE83系でF特のバランスは最良かもしれません。FE83Enでしたら、図面どうりに、W3-582SCとFF85WKではポートを変更した方がいいと思います。W3-582SCバージョンは、実際に製作したことがありますが、ポートの共振周波数90Hzでは、低音がやや盛り上がる感じでしたので、もう少し、75Hzぐらいに変更した方がフラットになるような気がします。推測ですがFF85WKでも同じような傾向だと思います。ポートの長さは同じ面積で148mmで共振75Hzになります。
 

教えてください。

 投稿者:takano  投稿日:2013年 7月22日(月)23時58分17秒
返信・引用
  はじめまして。takanoと申します。
管理人様の「スピーカー制作」を拝見し、図面や板取りまで掲載してくださってますので、ひとつスピーカーを自作してみようと無謀な考えをしております。(以前からやってはみたかったのですが…)。
吸音材のことは自分も知りたかったので既に掲示板に掲載されており、さすが~計算し尽くされてるんだと驚いております。
そこで、「FE83E ミニバスレフ」を図面どおり制作させてもらおうと(お許しください。)思うのですが(自分にできるんかいな~写真のきれいな出来上がりを見ているとやっぱり自分には無理か~と既に思ってしまってます…トホホなおっさんです)、スピーカーは現在販売されていますFE83Enでいいのでしょうか。例えば他の8cmでFF85WKやTang BangのW3-582SCなどはどうなのでしょうか。よろしくお願いいたします。
 

Re: 吸音材について

 投稿者:横山  投稿日:2013年 7月 2日(火)18時14分35秒
返信・引用
  > No.14[元記事へ]

管理人さまお返事ありがとうございます。
また、お礼が遅くなりまして大変失礼致しました。

よく理解でました。
基本を勉強しないと駄目だと実感致しました。

引き続き挑戦は続けたいと思っています。
 

Re: 吸音材について

 投稿者:管理人のTAKABOU  投稿日:2013年 6月10日(月)22時26分14秒
返信・引用
  横山様、質問ありがとうございます。基本は吸音材は極力使わないようにしています。
定在波解消を吸音材に頼りすぎると情報量の欠落で実につまらない音になります。
バスレフでは、定在波がたたないように内部に遮蔽板を配置することで吸音材無しでも癖がない音が可能です。
ただ、バックロードの空気室の場合は、ユニット裏側の中高音がエッジや振動板を通して漏れてくる
ようで、これが音を汚くしているので、やむえをえず吸音材を最小限に入れることがあります。
私の公開している図面のバスレフでは、吸音材不使用でOKです。
バックロードでは、空気室内のユニットと対面する壁にメラミンスポンジをガムテープ等で固定してください。
厚み2cm程度で。
 

レンタル掲示板
/2