teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


楽しみにしています

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 9月 5日(火)18時35分36秒
  お読み頂きありがとうございます。
報告の日を楽しみに待っております。
 
 

般若心経

 投稿者:サンウルフ  投稿日:2006年 9月 5日(火)10時35分21秒
  管理人さん、こんにちわ
サンウルフと申します。
あなたのサイトの般若心経の一節一節の文章の意味を読まさせて頂きました。
実は私はあの文章を違った解釈をしております。
まだ一節も私のサイトにはのせていないのですが、近いうち書くことになると思います。
今日は、たくさんのサイトのそれぞれの般若心経の意味を読んでみました。
いずれ書きますので、その際は是非あなたに読んでみてもらいたいと思い、今日は書かさせて頂きました。
書き込みができた時に、報告させていただきますので、もし宜しければ読んで頂けたらな、と考えております。
 

まこっちゃさんって

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 8月29日(火)21時32分57秒
  まるで私のニックネームのようなお名前に驚きました。
実はうんとうんと考えようとウブドに行き、蓮池の蓮の花を見ていたら三日間ほとんど何も考えず過ごしてしまいました。鳥のさえずりや蛙の声だけが聞こえていました。
大自然の中に居ると宇宙の呼吸や地球の息吹と一体となるから考える必要がなくなるのでしょう。それはまた考えに考えたから与えられる安らぎなのかもしれません。
 

コメントありがとうございました

 投稿者:まこっちゃ  投稿日:2006年 8月27日(日)09時58分49秒
  いまの社会では、ネガティヴ思考は「そもそも」良くないものとされています。
その圧迫感が、僕は嫌いです。
誰のせいでこうなった、というわけではありませんけれども。(だから、「この圧迫感が嫌い」と思っている僕のほうが、むしろ協調性に欠けた迷惑者だ、ということになるのかもしれませんが。)

僕は今も、
「そんなにネガティヴになるな」
「考えすぎるな」
とよく言われます。
そして、自分でも、自分は考えすぎだと思っています。
考えるのは良いことだとしても、考えすぎるのは良くないことだ、とも思っています。

でも、これからも、考えすぎるこの性格は、きっと変わりません。「直さなきゃいけない」と本人の僕が思っても直らないわけですから。
筋金入りの考えすぎだと思うのです。
でも、おかげで、考えすぎずにはいられない人の気持ちは、多少、理解できるようになりました。
頭でっかちで思いやりにかけた性格の僕にとっては、これはとてもありがたいことです。

もし、僕がすんなりと社会から受け入れられ、
何のつまずきもなく成長してしまっていたら、
人の心のどうしようもない痛みや歪みや矛盾を知らないまま、平気で他人の心を傷つけながら生きる人間になっていたのではないか、と思います。
そう思うと、ぞっとします。

それに比べたら、今の僕で良かったと、つくづく思う次第です。

長々と失礼いたしました。
「ネガティヴ思考のすすめ」の意見に賛同していただいて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

http://ameblo.jp/bursted-dam/

 

こうつはら

 投稿者:管理人  投稿日:2005年12月27日(火)18時04分18秒
  たかつはらと読まれてもかまいませんが、こうつはらと読むつもりで書きました。
鹿児島出身の知人にその名の人がいたのでちょっと苗字をお借りしたのです。

執着を断つ方法は・・・・・私のHPの般若心経の宇宙を読んでください(笑)
この世のすべて、五感の全てがまぼろしと悟れば、道は開けて来るでしょう。
 

高津原家?

 投稿者:KAMIKEN  投稿日:2005年12月27日(火)16時44分19秒
  毎度毎度すみません^^
高津原・・・・・たかつはら、こうずばる、たかつばる、こうつはら・・・・
どう読めばいいのでしょうか?
鹿児島の方たちでも姓が高津原は大変珍しいと思われますが、なぜに高津原だったんでしょうか?
すみません、何度も何度も変な質問ばかりで・・・^^

愛宕神社

  とてもいいところですね^^
    私も愛宕神社には昼夜中問わず良く行きます。
  出世の石段を登りきって参拝しますと、とても
  心が休まります。
  愛宕神社に行くといつも必然!?的な出来事が起ります。
  年末年始はまたたくさんの方達で、混みそうです。

人間の「執着」とは大変困難なものです。
私もその「執着」に生きてきた人間です。
「執着」によって人間は無駄な時間を使ったり、人を悲しませたり、自分を苦しめる様な
気がします。
せっかくお借りしているこの身体を無駄にはできません。
「執着」を取り去る一番良い方法って何なのでしょうか?

長く書きすぎました....。
すみません!
次ぎの小説を拝読させて頂きますね!
それではお体の方お大事になさってください。
 

高津原隼人

 投稿者:管理人  投稿日:2005年12月26日(月)23時04分8秒
  恋人役の男性は知り合いが話してくれた初恋の人のイメージから想像した架空の人で、いかにも鹿児島の人らしい名前をつけてみました。愛宕神社は麻布にある神社なので地理的に自然かなと思っただけです。
そこまで思い入れていただき有り難うございます。
 

そうでしたか・・・

 投稿者:KAMIKEN  投稿日:2005年12月26日(月)16時44分36秒
  そうでしたか....それにしても、とても感動の覚える物語でございました。この小説にでてくる単語一つ一つどれをとっても私にとってはとても生きていく上で重要なものであります。そこで質問がございます。高津原隼人様というのは実在した方なのでしょうか?そして、なぜ愛宕神社のお守りだったのですか?
お忙しい中変な質問ばかりで大変失礼かと思いますが、宜しくお願いします。
 

実話ではありませんが

 投稿者:管理人  投稿日:2005年12月24日(土)21時35分46秒
  ご愛読ありがとうございます。
モデルはいますが、まったくのフィクションです。
私の小説の「天空に翔ける鷹」以外は全て作り話なんです。天空も歴史的事実を元に想像の世界まで続く物語ではありますが・・・・
今後とも宜しく!
 

通りすがり^^

 投稿者:KAMIKENメール  投稿日:2005年12月24日(土)02時10分56秒
  通りがかりのKAMIKENと申します(突然のご訪問お許し下さい)。よろしくお願いします。
 小説の「葉月のころ」拝読させていただきました。大変心を打たれ、何とご感想をお書きすればよいのか悩むくらい感動いたしました。ただお一つだけお伺いしたいことがございます。このお話は実話なのでしょうか?大変興味がございます。
 いろいろな旅をなさっているそうで、お体など崩さぬよう祈っております。

http://sanchisyndicate.seesaa.net/

 

レンタル掲示板
/6